レジン資格でハンドメイドしよう

レジン資格でハンドメイドしようサイトイメージ

フリル・メルカリなどのフリマアプリで今ハンドメイド商品が熱い!あなたもハンドメイドで出品しませんか?レジンの制作技術をしっかり学んで、フリマで副業もできるスキルを身につけるなら資格を学ぼう!レジンの制作のポイントやスキル・アップにおすすめの資格・講座について紹介していきます!レジン資格

MENU

レジンが手についた時の対処法

レジンが手についた時の対処法

レジンアートを楽しむ際、レジン液の取り扱いには十分注意する必要があります。もし正しい扱い方をしない場合には、レジンアレルギーなど体に悪影響を及ぼす危険性があります

そのため、レジンを素手で扱うことはNGです。では、もし不注意でレジンが手についてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか?対処方法をみてみましょう。

レジンが手についてしまったときの対処方法とは?

硬化していないレジン液は、ベタベタしている状態ですし、ニオイも決してよいと言えるものではありません。作業は使い捨てのビニール手袋などを使用して行うのが一般的ですが、もし手にレジン液がついてしまったら、速やかに石鹸で洗い流しましょう

手についても最初は何も感じないかもしれませんが、後からヒリヒリとしてきますので、すぐに手を洗うことは大切です。また、その際にはアルコール成分が含まれていない石鹸を使用しましょう。

その理由は、アルコール成分はレジンを肌に浸透させやすくするからです。それを踏まえ、特に皮膚の弱い方をはじめとし、作業する際には手袋を着用するようにしましょう。

レジンアレルギーに要注意!

レジンアート製作を何度も行っていると、アレルギー体質になる可能性があります。手袋をしていても、レジン液が手袋を浸透し、指腹を通してアレルギー症状があらわれる場合があります。

指腹を中心にすべての指へと拡大し、赤くなったり、水膨れの症状などが生じます。このような事を踏まえ、手袋をしていたとしても、なるべくレジン液が手袋に触れないように注意しつつ作業を進めるよう心がけましょう。

レジンアレルギーは突然発症する!

アレルギーには個人差があります。そのため、レジンが手についたからすぐにレジンアレルギーが発症するというわけではありません。素手でレジン液を触っても何も感じないという方もいることでしょう。

しかし、レジンアレルギーは、レジン作成をしたことがある方ならだれでも発症する可能性があります。つまり、すぐにレジンアレルギーの症状があらわれなくても、何年もかけて体に因子がたまり、ある日突然アレルギー症状が発症することがあるのです。

それを予防するためにも、レジン液を直接素手で触らないことはもちろん、手袋を着用して対策をすることはとても大切です。また、もしレジンが手についてしまったら、すぐに石鹸で洗いましょう。

まとめ

レジンが手についてしまったら、速やかに石鹸で手を洗いましょう。また、レジンアレルギーの予防対策として、手袋を着用して作業をするようにしましょう。


  • TOP