レジン資格でハンドメイドしよう

レジン資格でハンドメイドしようサイトイメージ

フリル・メルカリなどのフリマアプリで今ハンドメイド商品が熱い!あなたもハンドメイドで出品しませんか?レジンの制作技術をしっかり学んで、フリマで副業もできるスキルを身につけるなら資格を学ぼう!レジンの制作のポイントやスキル・アップにおすすめの資格・講座について紹介していきます!レジン資格

MENU

レジン資格を身につけるために必要な道具

レジン資格を身につけるために必要な道具

ハンドメイド作品の中でも、実用と趣味、また、販売することもできるレジンアートが近年注目されています。

販売する際には資格があると有利になるので、資格取得を目指し、レジンアートを始める方も少なくありません。では、レジンアート資格を目指す際には、何が必要となるのでしょうか?

レジンアートとは?

レジンアートは、レジンである樹脂を使ってアクセサリーや小物を作成することです。レジンには種類があるので、使用するレジンや組み合わせる素材によって、作品の印象が大きく異なってきます。

そのため、個性的なデザインを作りたい方や、オリジナリティに溢れた作品を製作したい方にはおススメとなっています。

レジン資格を身に付けるために必要な道具とは?

レジンアートではレジンである樹脂、つまり、2つの液体を混ぜ合わせる「エポキシ樹脂」と、紫外線を利用して硬化させる「UVレジン」の2種類から選択して作ることができます。最近は、初めての方でも手軽に作ることができるUVレジンを使用する方が増えています

UVレジンを使用して製作する場合、UVレジン液とUVライトが必要です。UVレジン液にはハードタイプとソフトタイプ、そして、グミタイプがあります。使用するものによって作品の雰囲気が異なってきます。また、UVレジン液を流す型や一緒に閉じ込めたい素材なども必要です。

レジン資格に必要なスキルが習得できる通信講座!

レジンアートをするのが初めての方は、レジンアートの練習をしながらスキルを習得することができる「諒設計アーキテクトラーニングの「レジンアートデザイナーW資格取得講座」の受講がおすすめです。

テキストのレシピに沿って練習することができ、資格取得を目指すことができます。UVレジンの扱い方をはじめとし、必要な道具やその使い方も学ぶことができます

さらにレジンアートに必要なテクニックも習得できるので、講座卒業後はレジンアートのプロレベルまで上達することが可能です。レジン資格を取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座受講を検討してみませんか?

まとめ

レジン資格を取得するためには、レジンアートの専門的な知識に加え、スキルも求められています。

諒設計アーキテクトラーニングのレジンアートデザイナーW資格取得講座では、必要な道具はもちろん、その使い方も完璧にマスターすることができ、資格取得を目指すことができます。まず資料請求からはじめてみましょう。

レジン資格W取得講座


  • TOP